体験する仏教  

ずっと、ずっと求めていたブッダの智慧

わたしの過去世

f:id:kasinoki1957:20220121184023j:plain

わたしは心霊研究をしてきましたが、その過程で、何人かの霊能者から、わたしの過去世を伝えられたことがあります。ちなみに前世というのは今回の人生の直前の生涯、過去世は、それ以前の複数回の生涯を言います

わたしは、過去世があるということを認めています。しかし、霊能者から伝えられた、わたしの過去世のすべてを真実として受け取っているわけではありません。

出会った霊能者の中には、作り話をあたかも真実であるかのように語る、詐欺師と呼んでよいような霊能者はいませんでした。ですが、あまり能力が高くなくて、ノイズが多すぎたり、霊能者自身の主観が入り込んでしまったりしていて、内容に信憑性を欠く霊能者がほとんどでした。

しかし「なるほど」と、たましいのレベルで得心できる過去世を伝えてくれた霊能者も何人かいます。その内容の共通項は、「過去世でも仏道に深くかわっている」ということでした。

「なんて虚しいことをしているんだろう。自分が戦国の世に武士の子として生まれたなら、絶対に戦(いくさ)から逃れて、僧侶になっていただろうな」

わたしはテレビの時代で、戦国時代の合戦の場面を観ると、いつも決まってこう思っていました。

闘うことが怖いわけではありません。殺戮を繰り返して修羅界の頂点に立つことが、ばかばかしく思えたのです。わたしは過去世で、権力者の傍にいながら、権力を振るうことに興味かがなく、周囲から変人と思われる人生を過ごしてきた記憶が、何となくあります。

わたしが自分のことを何も語っていないのにもかかわらず、「あなたには、武士であったのだけど、それが嫌になって僧侶となった過去世がありますね。」と指摘した霊能者と出会ったことがあります。時代は室町時代。身長のある武士で、空海密教に惹かれて出家したとのことでした。

わたしは、日蓮宗の僧侶ですが、若いころ、空海真言密教の修行をしていたことがあり、この話は腑に落ちました。

仏道を歩む者として、わたしは、自分の過去世がどのようなものであったかを知ることは、特に必要ないと思ってています。むしろ興味本位でそれを知ろうとすることの弊害が気になります。「あなたは過去世で高名な人物でした」と言われて、増長することがあったりするからです。。

ですが、だれもが過去世の業(カルマ)を負って現世を生きており、現世の生き方が来世へと影響を及ばしていくことを認識することは重要であると考えています。

わたしに霊能はないので、他者の過去世を視ることはできません。ですが、息子や教え子と向き合っていて、子どもたちの負っているカルマを感じたことはあります。そして進路の相談に乗るにあたって、その感覚が役立ったことは少なからずありました。

もちろん勤務校の生徒の進路にかかわる会議で「あの生徒には、こんなカルマを感じます」などと発言することはありませんでした。ですが、わたしが進路指導をする際は、おのずと生徒のカルマを感じ取っていました。

無から生まれて、生きて、また無に帰る。このような認識では、真に子どもを育むことはできないとわたしは思っています。私塾を開いたことは前の記事に記しましたが、わたしはそこで、過去世と来世を視野に入れた、たましいの教育をしたいと考えています。

 

 

 

 

たましいの私塾 その2

f:id:kasinoki1957:20220121171000j:plain

無差別に人々にに危害を加えて、自身も死を望むような事件が相次いでいます。他者との比較の中で、自分は価値のない存在だと考え、絶望する人が増えていることが大きな要因である気がします。

かつて、高校一年生のある教え子は、わたしにこう言いました。

「僕、人生で大きな失敗を三回もしているんです」

その「大きな失敗」の内容を訊くと、彼はこう答えました。

「小、中、高と三回受験して、三回とも第一志望校に落ちたんです」

受験競争に勝ち抜くことに至上の価値があり、そこで失敗した者は人生の敗者である。そう彼は考えていました。

日本の社会の中で価値あることは、絶対的なものではありません。アフリカのある地域では足が速いことに価値が置かれています。偏差値の高い日本の若者がその地域にいって、「僕は勉強ができる」といっても意味はありません。足が遅ければ、その地域では優れた人とはみなされません。その社会の中での価値というのは、相対的なものにすぎないのです。その認識を、多くの若者も大人も持てずにいます。

受験競争で傷ついた生徒を、わたしは「生き方は、一つじゃない」と励ましたことがあります。ですが、そのころ学年主任を務めていたわたしは、校長から、担当する学年の、いわゆる有名大学への進学率アップを求められていました。これは、保護者や卒業生も求めているものでした。

その時代、その社会の中における価値のある人間を育成するのが教員の役目であるというのが現実です。戦時中は「お国のために命を投げ打って戦いなさい」と言って教え子を戦場に送るのが教師の役目でした。

勉強ができようができまいが、素行が善かろうが悪かろうが、だれもがみな仏性(仏としての本質・仏になる可能性)を持っているというのが法華経の教えです。仏性というのは、万人が有する絶対的な価値といってよいものです。

法華経者のわたしにとっては、その時代や社会における価値というのは、少々乱暴な言い方をすれば、どうでもよいものでした。

学校教育の現場を離れた今、周囲の若者たちに「君にも間違いなく仏性があるのだ!」と伝えていきたいと思います。そして「どんな道でもいい。君のいのちが輝く道を歩め。一切他者と比較する必要はない。君だけの道を歩め」と励ましていきたいと考えています。それが私塾を開いた目的です。

さらに言えば、「死は終わりではない。そこからまた新たな、たましいの旅が始まるのだ」ということを伝えるのも私塾の目的です。このことについては別の記事で記したいと思います。

 

 

 

たましいの私塾 その1

f:id:kasinoki1957:20220120091420j:plain

私塾を開いています。

というと、わたしはは高校の教員であったので「学習塾を開いているのかな」と思う人もいるでしょう。ですがそうではありません。仏教塾です。

塾の名は、香風塾。「香風」は法華経中にある言葉です。浮世の塵(ちり)を仏法の風で払い、香(かぐわ)しい薫(かお)りに満ちた世をつくりたい。そのような思いで名づけました。

明治維新前、新しい時代の到来に向けて、吉田松陰松下村塾を開き、そこには次の時代を担う若者たちが多く集まりしたました(写真は松下村塾です)。

わたしは、新しい霊性の時代をつくるために、仏教の真髄を若者たちに伝えたいと願っています。そこで、松陰先生にならって私塾を開いたのですが・・・。塾生のすべては高齢者。塾長のわたしは、どのメンバーよりも、はるかに若いという状況です。

開塾の前に、わたしは心中で松陰先生に「教員を辞めて、これからは若者の、たましいの教育に取り組みます」と誓いました。松陰先生はあの世から、高齢者と向き合っているわたしを見て、苦笑されていることでしょう。

しかし、これも大切なことです。死を間近にした人たちが平安を得るために、仏教は大きな力になります。

塾生はわたしにとって人生の大先輩です。わたしの話に塾生から感想や意見が寄せられ、談論風発、充実した時間を過ごしています。お年寄りが元気なのは、まことに嬉しいことです。

わたしは、かつて勤務校で、一般市民を対象とした「教養としての仏教」という名の公開講座を開いていました。教え子の高校生や若者も受講することができたのですが、仏教に興味を持つ高校生や若者は、まったくと言ってよいほどいませんでした。

ですが、たったひとりだけ、熱心に講座を受講した二十代の教え子がいました。

彼は、海外青年協力隊の一員として海外に赴いた際、現地の人から「オマエの宗教は何か」と訊かれれ、「仏教だ」と答えたのよいのですが、「それはどのような宗教か」と問われ、しどろもどろになったそうです。この苦い経験から、彼は仏教についてしっかりと学ぼうと思い立ったのです。

ちなみに海外で信仰する宗教を訊かれた際、「無宗教です」と答えると、非道徳的な信頼できない人間だと思われることが往々にしてあるようです。

多くの若者の目には、諸行無常や、四苦八苦を説く仏教は辛気臭いものに映っているのでしょう。これは、仏教が葬儀と深く結びついていることもその大きな理由の一つかもしれません

わたしは、この誤解を解いていきたいと思っています。あらゆる囚われからの解放を説くのが仏教です。仏教は苦を超えて自在に生きる道を説いているのです。

それでもスポーツや音楽を楽しみ、恋愛の最中にある若者は、「自分には仏教は無縁だ」と思うかもしれません。ですが、いじめや人間関係に悩んだり、失恋したときに仏教は大きな力になります。

また、環境破壊や、これからの社会経済について考えるにあたっても、仏教の智慧は大いに役立ちます。

香風塾はいつでも塾生を募集しています。募集要項も入塾案内もありませんが、関心のある方はお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

龍神さんだったのかもしれない その2

f:id:kasinoki1957:20220118235714j:plain

スピリチュアルな世界では、龍神さんがブームになっています。龍神さんはお金や運気をもたらしてくれる。そう思って龍神さんを信仰している人は多いようです。

わたしも龍神さんが好きですが、現世利益を得るために龍神さんを拝むことはしません。財を運んできてくれる龍神さんもいると思いますが、人の物質的な願いに強く感応する龍神さんは、高い次元の龍神さんではないでしょう。

龍神は人間界の上に位置する天界に住していますが、一口に龍神と言ってもその霊性はさまざまです。人間界にマザーテレサもいればヤクザ屋さんもいるのと同じといってよいかもしれません。

龍神さんと親しくなったものの、その龍神さんが、ヤクザな龍神さんであったということは十分にあり得ます。世俗の欲望に翻弄されていると、そういうことになりかねません。

仏法を守護するために働いている、霊性の高い龍神さんを、わたしは身延山の松樹庵で感じました(松樹庵については「小さな弟子と身延山に参拝してきました その2」で紹介しました)。

1月17日の24時間お題目リレー中の斉藤大法上人との対座(二人が合掌、正座して向き合って南無妙法蓮華経を唱える修行)では、唱えるお題目が、力強く歌うようなお題目となりました。このとき、わたしは龍神さんと響き合っている感じがしました。

何の心の操作もせず、「南無妙法蓮華経」にすべてを委ね、一心に唱題をしていますと、唱えるお題目の声が変化することがあります。それは自己の心中に、ある時は修羅界、ある時は天界といったように様々な世界が映じ来て、それが唱えるお題目に表れるからです。

わたしが対座をしていると、向き合って唱題する大法上人には、供養を求める、たましいが表れました。大法師のお話によれば、わたしの唱題が仏ではなく天界の唱題であったので、そのたましいは、心地よさを感じはしたものの、十分に浄化して上がっていくことができなかったということです。

日蓮宗寺院では、龍神さんを祀るお寺が幾つもありますが、龍神さんを本尊とするお寺はありません。龍神さんをはじめとする高次の天界の神々は、あくまで仏の法を護る存在です。唱題時、わたしの心中に仏界が映ることで、はじめて真に、供養を受けたたましいは仏の世界へと上がることができるのです。

唱題中、自己の心中に天の世界が映ると、とても心地よいので、そこに留まっていたくなります。ですが、それでは唱題の修行は進みません。唱題で、自我の壁を超えますと、見えない世界と響き合いますが、一定の境地に安住していては、先に行くことはできないのです。

そこで必要になるのが観心(自己の心を観察すること)です。1月17日日の対座では、はからいを捨てて「南無妙法蓮華経」に心を委ねることはできていましたが、観心ができていませんでした。このことを省みて、昨日、唱題をしました。

この時も最初は、静かに歌うような天界の唱題となりましたが、観心をしていると、唱題が変わり、仏の世界を感じる深い響きの唱題となりました。

以上は、あくまでも現時点でのわたしの修行状況をお伝えしたものです。わたしは、日々、自分の未熟さを痛感しながら唱題しています。

多くの方々と一緒に唱題をしていると、それぞれの方が、自己の今在る位置で真摯に唱題する姿に、心打たれます。

「ただ唱題を聴いているだけで、心が癒されました」とおっしゃる方もいますが、これもまた素晴らしいことです。

唱題修行を続けていますと、心が深まり、変容していくことが実感されます。唱題修行はシンプルですが、大変に奥深い修行です。この修行に終着点はありません。

わたしは龍神さんに現世利益を祈るのではなく、龍神さんと共に、唱題修行をし、仏の世界に向かう道を歩んでいきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

龍神さんだったのかもしれない その1

f:id:kasinoki1957:20220117204739j:plain

昨日は、世界各地の日蓮宗僧侶がお題目の祈りをインターネット上でつなぐ「24時間お題目リレー」の日でした。わたしは、斉藤大法上人との対談、唱題(南無妙法蓮華経を唱える修行)をさせていただきました。この時に起こったことを記します。

ふつう唱題時のの声の大きさや音程大きくが変化することはありません。ですが、一昨年の12月に斉藤大法師のもとで唱題を始めてから、わたしの唱題に変化が生じるようになりました。これは霊媒とか霊能力とは無関係であるということは、以前の記事でお伝えしたとおりです。

大法上人とご本尊に向かって、世界平和とコロナの収束を祈って唱題していると、わたしの唱題する声は、歌うような声に変化ました。そのあとに対座(二人が向き合って、合掌正座して行う唱題)して行った唱題でも同様のことが起こりました。

この変化を、わたしは決して待ち望んでいるわけではありません。また、変化を拒みながらも変化してしまうというわけでもありません。お題目(南無妙法蓮華経)を全霊で唱えていると、おのずと腹からお題目が涌きあがってくるような感じで、唱題が変化するのです。

唱題する際、一切、意図的な操作はしません。「南無妙法蓮華経」と一つになるべく、全集中のお題目を唱えます。計らいを超えた唱題です。昨日の唱題について、大法師はフェイスブックで次のように紹介してくださいました。

天は音楽も無縫。楽譜がなくても発せられるままに美しい音楽となっている。虚空のように壮大なスケールなんだ。制約も際限もない。作為を超えている。美しさにおいても壮大。だから真に癒され、喜びも絶大。
唱題で体験される世界のひとつ(今晩の唱題で起こった事柄の一部を描写しました)。
経典『わが此の土は、安穏にして天人常に充満せり・・・諸天は天の鼓を撃ちて、常にもろもろの伎楽をなし云々』が、実現している世界なのだ。
本年1月12日、身延山の松樹庵で読経、唱題させていただいた折、龍神さんと深く響き合った感覚がありました。龍神さんは天部(天の世界)に住む神です。昨日のわたしの唱題は、龍神さんの思いを受けていたのかもしれません。
「美にして強大。天衣無縫。繊細にして激しい」そのような感じを、わたしは龍神さんに抱いています。わたしには、霊感とか霊能力といわれるものはありません。それゆえ昨日の唱題時に体験したのが龍神さんの世界であったのかどうか、明確にはわかりません。ですが天部の世界と響き合ったという感覚は紛れもなくあり、それは、リアリティーのあるものでした。
わたしの唱題は、いつも大きく変化するわけではありません。霊媒に霊が降りてきた場合とは違います。大法師の指導の下で行っている唱題は、理性を超えてコントロールできなくなってしまうものではないのです。昨年末、霊園で営んだ法要の際のお題目は、坦々として、深さを感じるものでした。そこには、「この法要時には、唱えるお題目が変化することは好ましくない」という、わたしの理性がはたらいていたと言ってよいと思います。
自我の壁が厚いと唱題時の変化は起こりません。唱題についての理想を思い描くことなく、人目に自分の唱題がどのように映るのかを気にすることもなく、ただひたすら「南無妙法蓮華経」と一つになっていくとき、自己の心中にさまざまな世界が映じ、その世界が唱題に現れ出るのです。
ですが、「南無妙法蓮華経」にすべて委ねてしまえばそれでよいというものでもありません。今、自分の心の中の世界に映し出されている世界を観心(観察)することが必要であるのです。このことについては、次回に記したいと思います。
*大法師のフェイスブックの記事をコピーペーストしましたら、後半の背景がクリーム色から白に変わってしまいました。ご了承ください。
 
 
 
 
 

 

仏道と教育 ー わたしは非教育的な教員でした ー

f:id:kasinoki1957:20220116092132j:plain

今、三十歳を越えているリョウタ(仮名)は、わたしの教え子で、数学が大の苦手でした。彼が数学の定期考査で赤点を取るのはいつものこと。リョウタは補講を受けて何とか二年生に進級しました。

二年生になったばかりのある日、リョウタが真面目な顔で、わたしに相談があると言います。どちらかと言えばヤンチャなリョウタのそんな顔は初めてみました。彼は「高校を辞めたいんだ」と言いました。

こんな時、ふつう教員はこう言うでしょう。

「今の社会で、中卒で生きていくのは厳しいぞ。辛くても、がんばって高校は卒業しておいた方がいい」

勤務している高校の副校長は、生徒たちにこう言っていました。

「我々は、君たち全員が卒業することを強く願っている。常に全力で授業に臨んでほしい」

ですが、わたしは「卒業まで全力でがんばれ」とリョウタに言いませんでした。副校長の言う「我々」の中にわたしは入っていませんでした。

わたしはリョウタの担任ではありませんでした。彼は、わたしなら「学校を続けろ」と説教はしないだろうと思ったようです。

「そうか・・・。で、辞めたあとのことは考えているのか」とわたしが訊くと、彼は真剣な顔で「大工になりたいんだ」と言います。彼の決意が固いことを確認したあと、わたしは言いました。

「わかった。必要があれば、わたしが他の先生方やオマエの親を説得してやる。オマエは全力で弟子入りさせてもらえる大工の親方を探せ」

少々時間はかかりましたが、リョウタは高校を自主退学し、無事大工になることができました。この仕事は、彼の性に合っていました。リョウタは修行に励み、今は小さいな工務店の社長になっています。

リョウタは「先生の家が老朽化したら、新しい家は俺が建てる」と言ってくれています。赤点をつけられた数学の先生については「多摩川の河原に段ボールの家を建ててやる」と悪態をついていました(数学の先生は厳しくはありましたが、生真面目でよい先生だったのですが)。

木彫りの名人は、木を手にすると「このように彫ってくれ」という木の声が聴こえてくるという話を聞いたことがあります。あらかじめ、このように彫ろうというビジョンを持っているわけではないということです。

わたしは、非教育的な教員でしたが、生徒の「自分は、このように伸びていきたい」という内面の声が聴こえてくることがありました。リョウタについては「この子は高校を辞めて大工になることで大きく伸びていくだろう」と直感しました。

ベストセラーとなった『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリ氏は『ホモ・デウス』でこう書いています。

「宗教とは社会秩序を維持して大規模な協力体制を組織するための手段である」

教育も倫理・道徳も、ハラリ氏の言う宗教と同様なものなのではないでしょうか。江戸時代の儒教教育はまさにそのようなものでした(この時代、仏教は骨抜きにされていました。このことについては、また別に記します)。戦時下の国家神道と結びついた教育も同様です。

宗教も教育も倫理・道徳も、木彫りに譬(たと)えれば、熊を彫ろうとか鹿を彫ろうとかあらかじめ決めて、その完成を目指して進んでいくものです。

いっぽう仏道は、永遠のブッダに向かっていくという方向性はありますが、山にの頂上に至るのに様々な登山道があるのと同じように、人によって歩み方はさまざまです。道中で見る光景も修行者によって異なります。そして、どのような光景に出会うのか、予測不可能であるのです。

仏教を含む宗教(カルト教団は別として)も教育も、国家に有為な人材を育成することと、深く関わっています。ですが仏道は、人を一つの枠に入れることとは関係せずに、永遠のブッダに向かって進んでいく道です。それは体験によってのみ深まるものであり、他者が知的に教えることができるものではありません。

仏教も教育も政治体制が変われば、その在り方が変わりますが、仏道はいつの時代も不変です。

わたしは教員時代、「人はこうあるべきだ」と教える「教育」は、少々過激な言い方をすれば「洗脳」ではないかと思って、生徒と向き合ってきました。それゆえ生徒に「このような生き方をしなさい」と言うことはなく「どのように生きたいのか」という問いかけを常にしてきました。

わたしは僧侶となりましたが、仏教という宗教を信仰しているという意識はなく、仏道を歩んでいるという思いでいます。これは「生徒を一定の枠の中には入れたくない」と思っていた教員時代の延長線上にある思いです。

教員時代を顧みて、学校教育の限界を感じています。学校教育の現場を離れた今、仏道を歩む者として、周囲の子どもたちの内なる声を聴き、子どもたちと触れ合い、子どもたちをサポートしていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

「宗教」ではなく「道」を生きる

 

f:id:kasinoki1957:20220115090612j:plain

受験のシーズンとなりました。教え子の息子、ショウゴ(仮名)が、かつて、わたしが勤務していた高校を推薦入試で受験することになり、指導を依頼されました。

推薦入試には、個人面接があります。面接試験のポイントは、受する高校が求める生徒像を的確に理解し、それに合わせて自分を語ることにあります。

ショウゴは、サッカーが得意な中学生です。わたしは彼にこんなアドバイスをしました。

「君は、ポーツ推薦で受験するわけではない。だから、中学時代にサッカーの地区大会で所属チームが優勝したことを語っても意味はない。サッカーについて聞かれたらなら、志望校が求めている生徒像に合わせて、『サッカーを通して仲間と協力することの大切さを学びました』と答えたらよい。君はコミュニケ-ション能力があるから、その力を身につけることができたと答えるのもよいだろう。

そのあと、「間違っても、志望理由を訊かれた際、『家から近いからです』と答えてはいけないよ」と言ったら、「それは言いませんよ」と苦笑していました。

どの高校も育成したい生徒像を持っています。面接試験を上手く切り抜けて入学できたとしても、実際にその高校の持つ生徒像にそぐわななかった場合、学校生活を送ることが苦痛となります。

学校教育とは生徒を一つの型にはめることであるといってもよいでしょう。髪や服装について細かい規定のある学校で、髪を染めたり自分に合ったファッションを追求することはできません。

時代によっては、国家が求める国民像に合わせて生きていくことが強いられていました。

第二次世界大戦中、米英の思想家や文学者に共鳴していたとしても、そのことは周囲に言えませんでしたし、西洋音楽を楽しむこともできませんでした。国家神道体制の中で、仏教者は国の意向に沿って布教せざるを得ませんでした。

教育者や宗教者は、理想とする人間像や世界像を持っています。それは、いつの時代も時代精神の影響を免(まぬが)れることはできませんでした。

近代以前、釈尊の教説は「仏道」と呼ばれていました。明治期に入って、それを宗教学者が仏教と呼び始めました。キリスト教イスラム教と比較する上で、そのほうが都合がよかったからでしょう。現代、その仏教という言い方が社会に定着しています。

このブログのタイトルは「体験する仏教」です。ですが、わたしには、仏教という一つの宗教を信仰しているという意識はありません。仏(釈尊)の説かれたことは、「人はこのように生きなければならない」という規範ではありません。それは体験によってしか得ることができないものです。

さきほど、パソコンに「道」を入力する際「未知」と誤変換してしまいました。そこで改めて、釈尊の示されたものは、仏教と呼ぶより、仏道と呼ぶことが、ふさわしいと実感しました。

「教え」には、理想とする世界像、人間像、言い換えれば明確なゴールがあります。しかし「道」はどこまでも果てしなく続き、そのずっと先は未知なる世界です。

これは仏道だけではなく、剣道や茶道など、「道」が付くものは、どれも同じでしょう。仏の道を歩んでいると、新たな世界が現れてきます。それは、既知のビジョンではなく、想像もしていなかった世界、良い意味で想定外の世界です。そこにわたしは、仏道を歩む楽しさ、仏道の魅力を感じています。

本当は、人生もそのものが、誰かの描いた理想像に向かって歩むのではなく、自分だけの道を、釈尊の言葉を借りれば、「犀(サイ)の角のようにただ独り歩む」ものであるのだと、わたしは考えています。

教員時代、教育委員会や勤務校が理想として掲げる生徒像に向かって生徒を育成するようにはしてきましたが、実はそのようなことは、真に生徒と向き合う上では、どうでもよいことだと思っていました(退職した今だから言えることです)。

自分だけの道を、他者を寄る辺とするのではなく、内なる自己を寄る辺として歩んでほしい。そのような思いで生徒と向き合ってきました。

ショウゴには、また数日後に、推薦入試の作文を、学校が求める生徒像に沿った形で書く指導をします。ですが、本心からわたしがショウゴのために願い、祈っていることは、誰かに媚(こ)びることも、支配されたり依存することもなく、自分だけの道をしっかりと歩んでいくということです。