体験する仏教  

ずっと、ずっと求めていたブッダの智慧

御霊(みたま)抜きに行ってきました

以前に古都の寺院で出会って感動した仏像を博物館の仏像展で拝観しら、同じ仏像なのにまったく違った印象を受け、感動しなかった。そんなことがあります。それは仏像を寺院から博物館に移す際に御霊抜きをするからです(仏像が寺院に戻ったら、また御霊に入っていただきます)。

御霊抜きをした尊像は、どんなに高貴で美しくても、単なる美術品になってしまいます。

新しい仏像を寺院にお祀りするにあたっては、開眼(かいげん)法要、すなわち御霊入れの法要がなされます。そのことで木像にたましいが入るのです。

御霊入れをするのは寺院の仏像だけではありません。一般家庭にお仏壇を安置するにあたっても、仏壇、ご本尊、お位牌に御霊入れをするのが本来の在り方です。

近年「仏壇じまい」すなわちお仏壇の処分ををする人が増えてきています。その際、何も考えず、お仏壇やご位牌を一般ゴミと同様に廃棄してしまう人もいますが、多くの人は僧侶に御霊抜きをしてもらってから処分したいと思うようです。

そのような思いに応えて「お仏壇ご供養処分」を仕事としている業者が存在しています。都心部では菩提寺のない人が多くいます。そのような人がこの業者に「仏壇じまい」の依頼をするのです。業者は依頼者に僧侶を斡旋し、御霊抜きの法要を終えた仏壇や位牌を引き取ります。

昨日、業者から頼まれて、御霊抜きに行ってきました。

赴いたのは、ビルが林立する新宿区にある介護施設です。手の消毒、検温をし、読経時も絶対にマスクを外さないという条件で、入館書類に僧侶であることを明記して入室しました(禿げ頭と衣に袈裟を着けているのを見れば、坊さんであるのは一目瞭然だと思うのですが)。

火気厳禁で、法要にあたってお線香やローソクに火は点けられないとのこと。認知機能が衰えている方もいらっしゃるので、このような規制があるのでしょう。

お仏壇は、その施設に居住されていて亡くなった高齢者のもので、入室すると、お仏壇以外の物を片付け業者が整理していました。閉眼(御霊抜き)法要の参列者は、故人の縁者、三名です。

縁者(おそらく故人のお子さんでしょう)の中に、お仏壇を引き継ぐ意志のある方はいらっしゃらず、処分するということなのでしょう。

わたしは、幸せに生きていくためには対人関係と共に対霊関係にも心を配ることが重要だと考えています。日々、お仏壇の前で、ご本尊と先祖に手を合わせて感謝するというのは、対霊関係上、最も大切なことだと思っています。死んだら無になると思っている人にとっては、対霊関係などというのは、バカバカしいことでしょうが。

仏道修行の中で霊を感受してきたわたしにとっては、対霊関係を無視するのは、あり得ないことです。

ですが、今回の御霊抜き法要の参列者はみな初対面で、わたしの法華道場の檀信徒でもありません。問われもしないのに、対霊関係が大切であるということをお伝えし「お仏壇を置くスペースがないのなら、お位牌だけでも安置することはできませんか」などと言うわけにはいきません。何もお伝えしませんでした。

ところが参列者の方々は、法要を終えると、深々と頭を下げられました。心のどこかで、何とはなしにではあっても霊的な世界を感じていらっしゃるようでした。わたしの唱えるお題目に何かを感じ取ってくださった気もします。

御霊抜き法要など眼中になく、お仏壇やお位牌を平気でゴミとして処分してしまう人と比べたら、先祖にとって救いがあるようにも思われました。

わたしは、お仏壇の前で心を込めて、読経、唱題をさせていただきましたが、このことがご縁となって、依頼主が先祖を供養しようという思いを持たれる時が来るかもしれません。

先祖を供養をしようという思いのない方の前で真摯に読経、唱題することも、決して意味のないことではないと感じています。

 

デクノボーになりたい

 

外出して帰宅した妻から「あなた、日が暮れているのに洗濯物、庭に干しっぱなしよ」、「今日も、ゴミ箱を取りに行くの忘れたの」と叱られるのは日常茶飯事。昔は、物忘れすることは、ほとんどなかったのですが。

妻に叱られたわたしは、宮沢賢治の「雨にも負けず」の末尾を口ずさみました。

ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ サウイウモノニ ワタシハナリタイ

口ずさんだら、妻にこう言われました。

「なに気取っているのよ。デクノボーって「役立たず」っていうことよ。あなたがほんとうにデクノボーになったら、すぐに老人介護施設に入ってもらいます」

賢治がなりたかったデクノボーとは、『法華経』に登場する常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)であったのではないかと思います。賢治は熱烈な『法華経』の信奉者でした。

常軽敬菩薩は、誰と向き合っても、軽蔑の心を抱くことなく「あなたを深く敬います。なぜなら、あなたは、いずれ必ず仏さまになるのですから」と言いました。

そう言われた人は、「オマエみたいなデクノボーからそんなことは言われたくない」といって、この菩薩をひどくいじめました。でも常不軽菩薩は、ひるむことなく、どのような人にも合掌し続け、仏となりました。この常不軽菩薩は、お釈迦さまの前世でした。

たしかに私の記憶能力は衰えました。                       

昔は長文の古文でも漢文でもスラスラと記憶できました。ですが、六十歳を過ぎて身延山の道場で修行したとき、若者が短時間でお覚える経文を身につけるのに、その何倍もの時間を要し、愕然としました。

でも、わたしは絶望してはいません。それは、わたしの仏性は失われることがないからです。

どんな優れた能力を持っていたとしても、それは老いと共に衰えていくもの。ですが肉体的な能力の衰えとは関係なく、唱題をしていますと、自らの仏性は顕(あら)わになってきます。唱題は深まって行きます。常不軽菩薩が敬い合掌したのは、この仏性です。

社会が自己の能力を認めてくれず、憤りを感じている若者が、わたしの周囲にいます。その若者の能力をわたしは認めていますが、その若者が能力を誇ろうとすればするほど、仏道から遠ざかってしまう気がしています。それは仏性を覆い隠すエゴ(自我)が強固になってしまうからです。

仏道を歩む上で大切なのは、社会に有為な能力があるかないかではありません。自己と他者の内に在る仏性(仏としての本質)に絶対的な信を置き、合掌することです。

この合掌の心なくしては、家庭から国家にいたるまで、真の平和が訪れることはないでしょう。

妻に役立たずと罵られても、妻の仏性に合掌できるデクノボウでありたい。そう思ってはいても、「わたしは聡明である」と言い張り、しばしば妻とぶつかるわたしがいます。絶望はしていませんが、自己の未熟さを思わずにはいられません。

日蓮聖人は、法華経修行の肝心は常不軽菩薩の合掌にあると言われました。南無妙法蓮華経の心は、すなわち常不軽菩薩の合掌である。このことをしみじみと感じる、今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り離されてしまった世界

都心部の高層マンションの上階に住む知人の家に遊びに行ったことがあります。

リビングの家具は白と黒で統一され、いかにも都会のマンションの部屋といったオシャレな感じで、窓から見える夜景の美しさに感動しました。

ですがなぜか落ち着きません。

黒いソファの前に置かれたテーブルは金属製の脚が付いているガラス板のもので、木製のものは何もありません、テーブルの上には花が飾られていましたが、それは造花でした。本物と見紛(まが)うような花でしたが、生気は感じられません。

部屋が、いのちあるものから切り離され、無機質であったことが、わたしを落ち着かなくさせたのだと思います。大地からも切り離され、空中に浮かんでような感覚も覚えました。

わたしは「観葉植物とか魚が泳いでいる水槽とかを置いたらいいんじゃないかなあ」と思いましたが、知人の嗜好にあれやこれやと言うのは失礼だろうと思って、何も言いませんでした。

少なからぬ都会人が、自然と切り離された生活、人間以外のいのちと、ほとんど触れ合うことのない生活をしています。それに慣れ切ってしまっている人もいますが、どこかでそこに息苦しさを感じて、マンション暮らしでも許容される範囲で生き物を飼う人もいます。

都会人、いや現代の日本人の多く切り離されてしまっているのは、自然だけではありません。自然を生んだ大いなるいのち、神仏からも切り離されてしまっているようです。

昔の日本人は、特定の宗教、宗派に対する信仰心はなくとも、神仏に対して、なんとはなしに有り難い,かたじけないといった思いをもって生きていました。

しかしほとんどの現代人は、神式で結婚式をし、仏式で葬儀を営んだとしても、それは単なる儀礼で、物質中心の生き方をしています。

人は、いのちのつながりのなかで、はじめて健やかに生きられるのではないでしょうか、ですが現代人の多くは、神仏や自然と切り離されて生きています。他者とも争い敵対して切り離され、孤独を感じて生きている人もいます。

現代、特定の病名が付かなくても、なんとなく心身に不調や不安を感じ、スッキリしない人が多いようです。実際、教員時代、そのような同僚が多くいましたし、心が不安定な生徒も少なからずいました。それは神仏と切り離され、自己以外のいのちと切り離されてしまっているからだという気がしてなりません。

お題目、南無妙法蓮華経を唱えることによって、わたしは内なる仏のいのちが涌出してくることを感じ、あらゆるいのちとのつながりを実感するようになりました。

「お題目は、いのちといのちをつなぐ心の妙薬です」そうわたしは、ご縁のある人たちに伝えています。

 

 

 

 

 

現実に立ち向かう祈り

夫から暴力を振るわれている女性から、「お題目(南無妙法蓮華経)を唱えてさえいれば平和な生活を取り戻すことができるでしょうか」と問われたことがあります。

わたしは「ハイ」とは答えませんでした。「ハイ、唱えてさえいればご主人の暴力は必ず止みます」と即答したとしら、わたしは仏教系カルト宗教の指導者になってしまいます。

荒れ狂う海のような厳しい現実に直面した時、人はただ耐えているのではなく、行動し前に進まなくてはなりません。夫から暴力を振るわれているのなら、きっぱりと拒否をすることが必要でしょう。それでも止まないのなら警察に相談することが必要でしょうし、場合によっては弁護士に相談して、離婚を決意することが必要になるかもしれません。

行動しなければ、困難な状況は打開できません。その状況に対峙(たいじ)せず、ただお題目の祈りをしてさえいれば状況が好転すると思って、祈っているのだとしたら、それは逃避です。

では祈りは無力なのでしょうか。決してそのようなことはありません。

嵐の中でお題目を唱えていて、すぐに嵐が止むということは、ないかもしれません。ですが、唱題をしていますと、横殴りの雨の中を大地に足を着けてしっかりと歩んで行こうという勇気が湧いてきます。腹の底からいのちの力が涌き出てきます。

日蓮聖人は、海中の岩に置き去りにされたり、斬首されそうになったりしながらも、お題目を唱え、弘教の道を歩むことを止めませんでした。その結果、『立正安国論』が鎌倉幕府に容れられることはありませんでしたが、後にお題目の教えは、日蓮聖人が育まれたお弟子方の弘教によって、大きく開花することとなりました。

日蓮聖人は、祈りと行動の人でした。そして自分に暴力を振るってくる人に対しても、憎むことなく合掌をされる方でした。

人は困難を与えられて成長します。お題目の祈りは、困難を生きる上で何よりも大きな力になると、わたしは実感しています。

辛い現実から逃げてただお題目を唱えていても人生は開けません。

困難が解決しての喜びというのはもちろんありますが、困難の中を妙法五字(妙法蓮華経)の光に照らされて唱題をしながら、ひるまずに歩む喜びというものもあります。これは大変に深い喜びであると、わたしは感じています。

「病気が治ったら唱題をします」という人がいます。そのような人に、わたしは病気の中で、その苦しみを味わいながら唱題することをお勧めしています。もちろん医師に相談するなど、しっかりと病気と向き合ってのことですが。

斉藤大法上人は次のように言われています。南無妙法蓮華経を唱えるというのは、まさにこのようなことであるのです。

「世間的な考えでは、病気が良くなり、健康体になったら高きに登ることができ光を受けることができる、ということになりますが、法華経は、そうした発想とは、まったく違う。病気や苦悩のままに重篤なカルマがあるままでも信じ唱えるなら、仏陀の慈悲の光に満たされ、それにより苦悩がなくなってゆくのです」

 

 

 

 

 

 

 

 

光を感じて生きる ー霊媒体質の方へー その2

都会の雑踏から帰宅すると、ドッと疲れが出る。そのようなことがあれば、あなたは霊媒体質かもしれません。

霊媒体質者は無意識のうちに他者のネガティブな思念の影響を受けたり、憑依されてしまったりします。ですから、人込みに居ることが苦手です。

最近わたしが共に修行した霊媒体質の女性、久美子さん(仮称)は、そのようなことが頻繁にある人ですが、霊媒体質というよりも霊媒そのものであるといった方が適切かもしれません。

霊媒とは、死者の霊魂を自身に乗り移らせて、死者に代わって口をきく媒介者です。 久美子さんの場合、簡単に霊が乗り移ってしまい、霊が口をききます。人と話をしていても勝手に霊が入り込んできて、体が動き出したりします。彼女はまさに霊媒です。

このような人はしっかりと修行をしないと、未浄化霊に翻弄されて、一生を棒に振ってしまうことになります。そこで久美子さんと修行することになったのです。

まず、私が久美子さんの前で読経、唱題すると、彼女は平安を得たようでした。そのあと対座して(向き合って)一緒に唱題すると、わたしの唱える南無妙法蓮華経の声が「暗いところから上って行きたいけれども、なかなか上って行けない」といった感じの、振り絞るような苦しいものとなりました。

わたしは霊媒ではありませんので、わたしに霊が憑依したわけではありません。ですが、唱題修行が進むと、心の中の鏡にさまざまなものが映じて、唱題の声が変化することがあるのです。

この苦しい声は最初、久美子さんに憑依した霊の苦しみが映じたのかと思いましたが、そうではありませんでした。久美子さんの今の苦しい心の状態が映ったようで、このことを久美子さんを傍らでサポートしていた女性も感じて彼女に伝えると、久美子さんは「まさにその通りです」と言っていました。

さらに対座して共に唱題を続けていますと、久美子さんの手が舞うように動き出しました。しなやかで優美な動きでした。久美子さんに縁のある、浄化している霊が彼女に乗り移ったのです。

この霊は、唱題修行が終わった後も彼女に乗り移り、わたしに向かって、読経、唱題について「何と美しいのでしょう」と語り、感謝の気持ちを示しました。女性の霊のようでした。久美子さんは、この霊と共に修行していくことになるようです。

唱題修行の後半では、久美子さんの手が震え出し、天井に向かって上がって行きました。その時、彼女の唱題は嬉し泣きのような声になりました。霊が憑依しているようでしたので「どなたですか」と聞いてみると、それに答えることはありませんでしたが、霊は「ありがとう」といって上がっていきました。未浄化な霊が浄化していったようです。

この修行体験を帰宅して妻に話したところ、「あなたには、ついていけないわ」と言われました。妻は、わたしが作り話をしていると思ったわけではありません。常識の範疇を超えた修行をしているわたしに対して、そう言ったのです。無理のないことだと思います。

人に理解してもらえない、精神に異常を来しているのではないかと思われるような経験を日常してきた久美子さんの苦しい心中は、察するに余り有ります。

ですが、この修行体験で、久美子さんは希望の光を得たようでした。翌日、彼女から届いたメールにはつぎのように記されていました。

「昨日のご一緒させて頂きました時間は本当に私にとって忘れられ無いほどの経験でした」

久美子さんは、この経験をきっかけにして、唱題修行をしていく決意をされたようです。

わたしは、この修行をお導きくださった御仏(みほとけ)に心から感謝申し上げました。

この修行は、南無妙法蓮華経と一体化する修行、言い換えれば、自らが御仏の光を容れた器そのものとなる修行です。光で満たされた器に闇が入り込むことはできません。

未浄化霊と向き合うとき、わたしは、霊を排除しようとするのではなく、その霊に内在する仏性、仏としての光を感じ(「どのような存在も仏に成る可能性がある」というのが法華経の教えです)、南無妙法蓮華経と一つになる思いで唱題をしています。

そのとき、御仏は、わたしの意図を超えて、働いてくださいます。霊を癒し浄化するのが供養ですが、わたしは「我が供養は我が業(わざ)にあらず。御仏の業なり」と思っています。

自我の力で供養すれば、未浄化霊のいる深い闇に引きずられてしまいかねません。自我で「未浄化霊退散!」と念ずる祈りは、ただでさえ念の弱いわたしは、怖くてできません。

いかなる存在にも光を感じて生きる。これが仏道を歩むことであると思っています。

この記事が霊媒体質で悩んでいる方の参考となればと思いますが、記事では書き切れないこともあります。お問合せをくだされば、丁寧にお答えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

光を感じて生きる ー霊媒体質の方へー・その1

霊媒体質の方と一緒に修行したことがあります。南無妙法蓮華経を唱える唱題修行です。

霊媒体質というのは、決して精神の変調とか疾患ではありません。オープンにしている人は多くはありませんが、程度の差はあれ、かなりの数の霊媒体質者がいるのではないかと思います。かつて私は、勤務していた高校で、霊媒体質である生徒や同僚、校長と出会いました。

「霊など妄想である」そう考えている人を説得するつもりはありません。霊の存在を現在の科学では、肯定することも否定することもできません。

霊媒体質で悩んでいる方、苦しんでいる方の一助になればと思い、この文章を綴っています。

霊が勝手に身体に侵入することを、憑依と言いますが、憑依しやすい身体を持った人が霊媒体質者です。

成仏した霊が求めもしないのに勝手に身体に入り込んでくることはありません。不法侵入してくるのは未浄化霊です。

人間が許可もなく他人の家に入り込んだら家宅侵入罪で逮捕されます。ですが勝手に身体に侵入してくる霊を警察は逮捕してくれません。

自我が育まれていなくて弱い人が霊媒体質になりやすいという見方があります。肉体という魂の家の戸締りがしっかりできない人が霊媒体質者であると言ったらよいでしょうか。確かにそのようなケースは多いのですが、霊媒体質である同僚や校長は、しっかりと自我を確立していました。

その同僚や校長は、霊を感じても霊に翻弄されることは、ほとんどありませんでしたが、それは入り込んだ霊に、はっきりと「ノー!」と言えたからでしょう。

しかし、強度の霊媒体質の場合は、ノーと言っても、霊がずかずかと入り込んでくることがあるのです。わたしが一緒に唱題した霊媒体質の方はそのような人でした。

霊が入り込んだ霊媒体質者と僧侶が対峙(たいじ)した場合、僧侶は「悪霊退散!」と祈祷をすることが多くあります。ですが、わたしはそのような祈祷はしません。

イソップ童話の「北風と太陽」では、北風が強く吹けば吹くほど、旅人は身を縮めコートを脱ごうとはしませんでした。北風のように霊を排除しようとすればするほど、霊は意固地になって出ていこうとしないことがあるので敵対しないのです。強力な霊になると、僧侶をもてあそぶ場合もあります。

どのような未浄化霊も内に仏性(仏としての本質)を持っているというのが、法華経の教えです。わたしは未浄化霊と向き合う場合でも、対決はせず、その霊に内在する仏性を敬い、ただ御仏(みほとけ)と一つになる思いで読経、唱題をします。

すると、太陽のような御仏の光に照らされて、未浄化霊は浄化していきます。わたしが太陽なのではありません。御仏が太陽です。御仏の光に打ち勝つ闇の存在はありません。

霊媒体質の人に、わたしは「未浄化霊と闘うことは決してお勧めしません」と言います。御仏の器となって、いつも御仏の光に満たされて在ることをお勧めしています。光に満たされた器に未浄化霊が入り込む余地はありません。その光の器となるためにするのが唱題です。

次回は、霊媒体質の方と共に唱題修行をして生じたことについて記します。

 

 

 

 

 

 

 

 

紀州に行ってきます

これから、和歌山県の白浜に行って一泊してきます。風光明媚な場所です。ですが観光で行くわけではありません。

ご依頼があって、霊的な問題を抱えている方と向き合ってきます。「霊的」などと言うと「いかがわしい」と思う人もあるでしょう。特に新宗教の問題が話題となっている昨今、そのようなか人は増えているのかもしれません。

ですが現実に、霊的な問題で悩んでいる人、苦しんでいる人はいます。その中には精神科に行くべき人もあるでしょう。

ですが、わたしの師匠、斉藤大法上人は、精神科医でもありながら、霊的なものを感じて苦しいというのを、思い込み、妄想であると一蹴することはなさっていません。

大法上人がこのような姿勢を持たれているということが、わたしが大法上人を師と仰いでいる大きな理由の一つです。

わたしは教員時代から、社会で活躍していて健全な心を持ちながら、霊を感じたり、霊が視えたりする人たちと出会ってきました。

「目に見えない霊的存在の影響を受けて苦しい」というのは、リアルな問題であるとわたしは認識しています。社会の中で表面化していませんが、程度の差はさまざまでしょうが、このような問題で苦しんでいる人は少なからずいるのではないかと思います。

そして仏教、特に法華経はこの問題を解決する智慧と力を持っていると実感しています。

プライベートな問題ですので、詳しいことはお伝えできませんが、いずれ、紀州での体験記事を書くこともあるかもしれません。

さて、出発の時間が迫ってきました。いってまいります。